浮気調査について

浮気調査というのは、何もドラマや小説の中だけの話ではなく、現実に探偵社や興信所で依頼する方がとても多いのだそうです。

既に結婚している方が、配偶者の浮気を疑った場合に依頼するだけではなく、まだ結婚していない相手…婚約者や恋人の浮気調査を依頼する方も結構いらっしゃるのだそうです。

私は浮気をしたことはありませんし、多分、旦那もしたことがないと思うんですけど(笑)でも、少しでも「この人、浮気してるのでは…?」と疑ってしまったら、もう精神的に穏やかではなくなりますよね。

相手が何をしても怪しいし、何を言っても嘘に聞こえたり、疑心暗鬼な日々が続いてしまいます。

探偵社や興信所に浮気調査を依頼する方のなかには、「尻尾を掴んでやる!」と息巻いて依頼する方ももちろんいらっしゃるでしょうが、なかには疑心暗鬼な日々に耐えられなくなって思わず依頼される方も多いようです。

実際の浮気調査での流れは、まず依頼者が連絡をし、相談や、現在の状況や対象者などを話します。探偵社や興信所によっても異なりますが、電話でOKのところも多いようです。

そして後日、対面で面談をします。その際に調査方法などを提案してくれたり、もっと細かなことを話し込むようです。

その後、依頼者にあった見積りが出され、調査期間や調査方法などの説明がなされます。そしてその見積りでOKならば、正式な契約が行われ、実際に浮気調査が行われる…となります。

浮気調査の期間終了後に結果を報告し、そしてもし追加料金が発生した場合は精算を行います。

もし、浮気調査によって配偶者や婚約者の浮気が発覚した場合、報告書等の使用方法の説明や、弁護士の紹介などのアフターサービスを用意している探偵社や興信所もあります。

ただ、浮気調査を探偵社や興信所に依頼する前に、自分でできる浮気チェックがあるそうです。

いわゆる「浮気の兆候」というものです。

インターネットで検索してみると、すぐに出てくるので、浮気調査を考えている方は、その前に一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
どれも、何気ない言動であり、かつ、確かに浮気の兆候かな~というものばかりです。

関連記事

お気に入りリンク

新着記事